ランチメニューと夜の違い

Posted on 16.12.15 By

イタリアンのランチメニューは夜のメニューより安いです。例えば、銀座にある高級イタリアンレストランで見てみますと、ランチは3600円と6500円、夜は4500円、7500円、9500円です。何が違うかというとその内容です。

お昼の6500円のコースと夜の7500円のコースを比較してみましょう。
お昼の方は前菜小皿8品、パスタ料理2品、デザートとコーヒーです。夜は食前酒1品、バーニャカウダと前菜小皿8品、パスタ1品、リゾット1品、デザートとコーヒー、その他にフリードリンク付きです。このように比較しますと、夜の方が食前酒あり、バーニャカウダあり、リゾットありで華やかですし、前菜も夜の方が豪華です。その違いがお値段の違いになるのでしょう。

なぜ、このような違いがあるのでしょうか。考えられますのは食事として考えますと昼より夜の方が豪華というイメージがありますし、昼は仕事途中の人もいらっしゃる可能性があり、ゆっくりできないということもあります。ですから、昼は比較的、早くできるメニューをある程度、作っておきます。それがランチメニューなのです。

このようにすれば、効率も良いので、値段を下げられます。それに、材料は新鮮なものを使うのはもちろんですが、夜ほど量を使いませんし、中途半端に残ったものでお客様に出せるものを調理しています。余り物というのではなく、うまく経済的に工夫された料理と言えます。夜はやはり、豪華さを求められるので、新鮮なものでボリュームを出します。そのため材料を多く使うことになりますから、その分高くなるわけです。この様なことから、イタリアンランチがお得なこともおわかり頂けたでしょうか。

未分類